読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で気づくこと

気づきを記録していきたいと思います

本を読む習慣をつける方法

f:id:fukanono:20170428154506j:image

今読んでる本「神・時間術」樺沢紫苑

私、読みながらふせんを貼る人です。

まだ半分も読んでないのですがこの本、フセンたくさんつきます!後に、何度か読み直してフセン剥がしたり、つけなおしたりして「ここ重要!」って思ったところは手帳に書き出しています。

 

本を読む時間ってなかなかとれないですよね。

「よし読むぞ!」って思っても1回きりだったり、最後まで読めなかったり、他の本買っちゃったり、本棚に戻したらそのまま開かなくなってしまったり。

私は、ちょっと読んだだけの本がたくさん貯まっていくタイプです。

 

そこで解決法!用意するものは

①付箋②タイマー③読みたい本

立って読めるところにセットしておいて置きます。

 

立って読めるところがポイント!

本を読もうと決めて座って読むより

「通りすがりで本を開いて5分読む」

何が良いかっていうと、読もうって気合が要らないところ。気分が乗ってきたらタイマーを5分追加すればプラス10分、まだ時間あるなと思って5分追加すれば15分の読書ができます。乗らなくても5分読めるから読み進められます。

 

そんな読書スペースを何箇所か作って置くのもおすすめ。本をあちこちに置いておけば何冊もいろんな本を読めます。少しずつしか読めないって思うかもしれないけど、5分読書をあちこちに置いた本が1ヶ月後どうなると思いますか?

 

読み終わった本の記録も是非つけてください。タイトルと読み終わった日だけで大丈夫。最初はマンスリーの空きスペースに記録したり、慣れてきたら読書記録のページを作ってもいいと思います。その記録を見直す度に「なかなかやるやん!」って思えると思いますよ。